低金利おススメ銀行系カードローン@総量規制対象外

銀行系カードローンとは

銀行系カードローンとは返済方式にリボルディング方式を採用しているものをいいます。貸付上限額まで借りても月々の返済額は一定で、無理なく返済が出来るローン方式です。ただし、借りれば借りるほど返済期間が延びてしまうので注意です。

ローンと言っても、カーローン・住宅ローン・学資ローンなど様々なローンの名前を聞きますが、これらは借りたお金の用途を名前の通り限定したローンになります。しかし銀行系カードローンは用途の限定が無いので、使い道は自由なのです。

銀行系カードローンを利用するにあたり、必要な物はあるのでしょうか。これといって特別に用意する物はありません。簡単な審査に必要な書類だけです。担保も必要としないので、急にまとまったお金が必要な時には便利です。

銀行系カードローンとキャッシングの違いはなんでしょうか。カードローンは一般的な返済方式がリボや分割なのに対して、キャッシングの返済は締め月の翌月の一括返済であるのが一般的です。利用する時はこの違いを理解しておきましょう。

銀行系カードローンの実態は実は銀行が直接カードローンを運営するケースは少なくて、個人融資先を得る為に大手都市銀行が子会社を作ったり、または銀行と消費者金融が共同出資してカードローン会社を作るケースがほとんどです。

どんなカードローン会社が銀行系カードローンと言えるのでしょうか。テレビCMなどで良く聞く消費者金融会社の終わりに「~銀行グループ」などと出ると思いますが、まさにそれが銀行系カードローン会社と言えるでしょう。


銀行系カードローン関連リンク